HUAWEI P10 Plusでインスタ映え写真がお手軽。 #HUAWEIタッチ&トライ

24/11/2017blogger-action2017HUAWEIタッチ&トライイベント, HUAWEI, P10Plus

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

HUAWEIさんのタッチ&トライイベントで「HUAWEI P10 Plus」および「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」をお借りしています。
とりあえず、「HUAWEI P10 Plus」はイベントから帰ってきたらすぐに今本番運用しているスマートフォンからSIMを抜き取って、APNを選択。
「HUAWEI P10 Plus」はDSDS(Dual SIM Dual Standby)に対応しているので、ドコモの音声SIMとMVNO(いわゆる格安SIM)のデータ専用SIMの両方を一台で使えます。

DSDS対応端末にSIM二枚挿し。

ちなみに今回の「HUAWEI P10 Plus」、ダズリングゴールドをお借りしています。
このダズリングゴールド、背面がハイパーダイヤモンドカット加工が施されてまして、こんなデリシャスな背面\(^o^)/
20171117_040
20171117_041
最近のHUAWEIのスマートフォンってケースが付属してきてるんですよね。自分のお気に入りのケースが見つかるまでのつなぎとしては十分です。
20171117_042

本番運用をすぐにでも開始するため、「HUAWEI P10 Plus」にSIMを2枚挿してみます。
20171117_037

「HUAWEI P10 Plus」にSIMを2枚挿入、APNという回線の設定をするとこうなります。LINE MOBILEとなっているのは、俺が契約しているデータ通信SIMがLINEモバイルなのでそれが理由です。
20171117_038
SIM1が2G/3G/4Gと書いてあって、SIM2が2G/3G。これ、なんで分かれているのかというと、今のどのDSDS端末にも言えるのですが、2つのスロット両方ともに4G(いわゆるLTE)が使える端末は「今のところ」世界中に存在しないんですね。
11月の終わりにも日本国内での発売が発表されるであろう「HUAWEI Mate10」シリーズはDSDV(Dual SIM Dual VoLTE)対応なので、どちらも4Gが使用できるんですけどね。

デフォルトのデータ通信とデフォルトの通話SIMを選び間違えないように^^;

SIMを2枚挿すとこうやってアンテナは2つになっています。見慣れない人が多いのではないでしょうか。
20171117_039

これで返却期限ギリギリまで使い倒してみたいと思います。

まずは写真撮りまくり

せっかくの「HUAWEI P10 Plus」なんですから、まずはカメラを撮りまくりたいと思います。

近くで見かけた犬。
犬1
これをモノクロで撮ってみます。LEICAといえばモノクロですからね^^
犬2

近くのボーリング場の撮影も。
Instagramにも載っけてみました。

もちろん、うちのブログですか食べ物も〜。

#HUAWEI #P10Plus #タッチアンドトライ #飯テロ お昼だから😁 花椒が効いた麻婆豆腐はやっぱりウマイよねー。

Griffin a.k.a. GRIFFIN-METALさん(@stargryps)がシェアした投稿 –


「ナイスフードモード」という「飯テロ」モードで撮ってみました(・∀・)

普通に何も考えずに撮影してもこんだけ質のいい写真が撮れちゃうんですからね。
ミドルエンドのデジカメなんかいらなくなっちゃうんじゃないかなー。

まだまだ続きますよ。