東京獺祭の会2016参加レポート前編 ザッツ・ディナーショー

21/01/2018blogger-action旭酒造, 東京獺祭の会, 獺祭

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

さて今年もこの季節がやってまいりました。東京獺祭の会2016。
4年連続の参加です。今年は色々変わったことがありました。それではレポートいきましょう。

今年からディナーショースタイル

ということで、今年からいきなり変わった応募の方法にまずびっくりした方も多いのではないでしょうかね。
外部の募集サイト使ってきたということは、旭酒造さんへのアクセスがハンパなく多かったんでしょう。
まぁ、かえってそれが混乱を助長したともいえなくもありませんが^^; 司会の山口くに子さんも陳謝しておりました。

今年も友人のジンさんと参加です。場所は第一回からずっと同じの都市センターホテル。
2016021417

15時スタートですが、14時30分には開場とのことでした。去年まで会場前には長蛇の列ができていましたが、今年は全くなし。
いやー、素晴らしい。

もはや恒例、飲む前のお約束。
2016021418
基本的に酒なんでもOKな俺ですが、悪酔いしちゃいけませんからねー。

物販ブース拡大

さて今回、一日約300、三日間合計で1,000というように数を絞ったおかげでいいことがありました。
物販です。
これまでほとんどすみっこみたいなところでやっていた物販。今回からスケールアップです(^^)
2016021422
2016021423
2016021424
2016021425

・・・なんでしょうこの充実っぷり^^;
俺が嬉しかったのは獺祭酒ケーキが復活!したことでした(^^♪
これは買わねば!ということでもちろん購入。そして、獺祭Tシャツも( ・`ω・´)シャキーン
Tシャツとかはオンラインでも販売してくれればいいんですけどねー。「ナマモノ」じゃないんだし(^^)
ということで、旭酒造さんに要望しておきました。
煎餅にバームクーヘン。カレーもあったし、食品系が充実してきましたねー。

引換券が三種類に増加!

さて、リーフレットは変わらずですが、それを開くと・・・。
2016021420
\(^o^)/なんと、これまで「獺祭 磨きその先へ」一種類のみの引換券だったものが、今回はその他の限定品「純米大吟醸 磨き二割三分 発泡にごり酒 聖夜限定」と「純米大吟醸 遠心分離おりがらみ元旦届け」という年末年始の超レア獺祭特別品も引換券に!

・・・いや待てよ。これ、去年までは引換券なしに無制限で飲めた∑(゚Д゚)ガーン うーん、この辺りは微妙にマイナスに感じる人もいるかも^^; まぁ、元々希少品ですからねこの限定品は。
そうそう、リーフレットについている番号、これは席次表。ということでテーブルも予め決められております。
14時30分の開場と同時に入ってみます。さて、27番がどこかというと・・・。
2016021428
おぉー・・・
2016021429
かなり後ろじゃん∑(゚Д゚)ガーン
ということで、各テーブル10名×30テーブルで300人なので、後ろのほうでした^^; ただ、お酒は例年通り左右に分かれて置いてありますし、そんなに支障ないでしょう。それよりもテーブルが結構キッツキツ・・・。
さて、まだちょっと時間があるので早速撮影に移ります。
今年もまずはこちらから。
2016021430
獺祭は「山田錦」という日本が誇る最高級酒米で100%作られています。
山田錦を一番知り尽くしている酒蔵といって間違いないでしょう。その山田錦を削って削って旨味を引き出して純米大吟醸が作られています。その削り具合を毎年、こうやって見せてくれます。
2016021433
2016021434
2016021435
2016021436

上段左から山田錦の玄米、その隣が純米大吟醸50で使用される50%精米。
下段左が磨き三割九分で使用される39%精米、その隣が磨き二割三分。
もうね、二割三分まで来ると真円に近いような粒粒で、お米などとは思えなくなります。ただ精米すればいいってもんじゃないんですけどね。精米するだけじゃなくて独自の技法を合わせることで、旭酒造は他の追随を許さない高品質な純米大吟醸を作っています。
2016021437

その獺祭の純米大吟醸、今年もこれだけの種類が揃っています!

「温め酒50」
2016021441
「純米大吟醸50」と「寒造早槽48」
2016021442
「磨き三割九分スパークリング」と「発泡にごり酒スパークリング50」
2016021443
[/wc_column][wc_column size=”one-fourth” position=”last”]
「純米大吟醸磨き三割九分遠心分離」
2016021445
「純米大吟醸磨き二割三分遠心分離」
2016021446
「純米大吟醸 磨き二割三分発泡にごり酒」
2016021447
「純米大吟醸磨き二割三分遠心分離おりがらみ元旦届け」
2016021448
最高峰である「磨きその先へ」
2016021449
これらに加えて、各テーブルにはいつものとおり「磨き二割三分」と「磨き三割九分」が置かれています。
・・・純米大吟醸50がないんですよね^^; 実は純米大吟醸50って、50%精米じゃない時があるんですよねー。以前に聞いたことがあるんです。4?%とかあるらしいです・・・。そして、仕込み水もなーい。話に聞くと、仕込み水は衛生とか輸送の面で難しいんだとか・・・。
旭酒造さんも四苦八苦してますね。

フランス料理のフルコース!

んで、一番びっくりしたのがこれですね。他の人もびっくりしてました。
2016021438

びっくりしたままいよいよ会の始まりです!