デルアンバサダープログラム2周年パーティーに参加してきました

blogger-actionデルアンバサダープログラム

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

昨日3月1日は自分が参加している「デルアンバサダープログラム」の発足2周年パーティーに参加してきました。
ありがたいことに、去年に続き今年もご招待いただいて嬉しい限り。期待どおりの至福のひとときでした(*´ω`*)
★全ての画像はリンクをクリックするとデカイ画像に飛びます。

会場も規模も去年からグレードアップ

会場は五つ星ホテルの「グランドハイアット東京」!
会場もファンシーに飾り付けがされていました。

ウェルカムドリンクは特製のノンアルコールカクテル!
(飲めない人もいるから、ノンアルコールは大事(笑))

デルのコーポレートカラーであるブルーをモチーフにした「Dell Blue」とデルアンバサダープログラムのアクセントカラーであるピンクをモチーフにした「Ambassador Pink」。
Dell Blueにはブルーベリーが、Ambassador Pinkにはラズベリーが入っていてとってもオサレ
(*´∀`*)
ノンアルコールだからクイクイいけちゃう!

開会は今年もデル株式会社コンシューマー&ビジネスマーケティング統括本部長の横塚女史。

デルのこれまでのアンバサダー活動を振り返りながら、アツい言葉でアンバサダー・エージェント・社員全員に言葉をかけてくださいました。

この人がいるからこそ、今のデルの躍進があるんだなぁと改めて思いました。
ちなみに、デルアンバサダープログラムに登録している人は3月現在で8,850人だそうです。
こりゃ、今年中に9,000人は行きそう。
多くの人にデルの製品を試してもらって座談会でフィードバックをする、それがデルPCのさらなる改善につながるんです。

FLAGSHIP PRODUCT ZONEではXPSが多数並ぶ

今回のアニバーサリーパーティー、会場をデルのプロダクトコンセプトごとに3つのセクションに区切られていました。
ちょっとタイムラインが前後しますが、デル株式会社 コンシューマー&ビジネス事業統括本部マーチャンダイジングコンサルタントの合田氏のスライドがちょうどいいので使いますw

「FLAGSHIP PRODUCT ZONE」はその名の通り、デルのフラッグシップモデル即ち、旗艦モデルですね。

現在のデルのノートPCの顔とも言える存在の「DELL XPS13」。初代は2015年1月にリリースされ、それから毎年改良を重ねられている大人気モデルですね。俺もこれまで2回ほどモニターさせていただきましたが、使っていて本当に惚れ惚れするノートPCです。このXPS13、XPS13 2in1、XPS15、それに34インチや49インチの超ワイド液晶が展示されていました。

去年もそうでしたが、このデルアンバサダーパーティー、会場に実機を多数持ち込んで大タッチアンドトライ会にしているんですよ。デルの各担当社員さんも会場にいるので、試し放題、聴き放題。

最新のNew XPS13に搭載されているカメラモジュールも展示されていました。
これ、本当にすごい小さい!

どれくらい小さいか、さっきのスライドに映っていましたね。

ちなみに、このカメラモジュールの事を理解するには以下のXPS13に対するレビュー記事を見てみるのがいいかもw

GAMING ZONEはALIENWAREやDELL Gが!

こちらは「GAMING ZONE」。DELLのゲーミングPCブランドである「ALIENWARE」、そして「DELL G」が展示されていました。

ALIENWAREは最上位機種の「Area-51m」がなんと日本初の白・黒2色同時展示。プレイアブルも見ましたけど、本当にすごい滑らかにキャラが動いてましたね。重量級のゲームタイトルもALIENWAREなら安心して出来ますね。

で、俺は今回ちょっと「DELL G」シリーズで個人的に色々聞きたいことがありまして、担当の社員さんに聞きまくりました。

オフレコながら「マジですか!?」と唸る回答もあってテンション上がっちゃいました。これは今年そのモデルが出たらまた書こうかな(^o^)

書ける話題といえば、AMD RYZENシリーズを搭載したXPSやDELL Gのモデルについてはリリースする予定は当面ないそうです。
曰く「AMDは自作用途以外では殆ど売れない」とのこと。やっぱり、日本人のブランド信仰はすごいもので、何でもかんでも「Intelじゃないと売れない」んだそうな。
去年からずっと言われてる「Intelの微細化プロセス遅れによる世界的なCPU供給不足」は、デルにとって対岸の火事ではなく納期遅延といった影響でモロに影響が出ているそうですが、PCを購入する大多数の人にとってはそんなの関係ないですからね。
ちなみに、IntelのCPU供給不足についてはアスキーのこの記事を参照。


AMDは対コストパフォーマンス、スペック等でもIntelの最新モデルを上回るものが多く、微細化技術もIntelの2歩先くらいを行っているんですが・・・。
今回「Inspiron 15」の新モデルにRYZEN APU搭載モデルを出してきましたが、これを「DELL G」や「XPS」でやってもらいたいですねー。まぁ、XPSだと排熱が追いつかないって言ってましたが(苦笑)

DELL CINEMA ZONEはシネマサウンドに酔いしれる

「DELL CINEMA ZONE」は「XPS 13」はデルが推し進めるXPSに搭載されている「高画質のディスプレイが表現する「色」、プロ仕様のチューニングによる「音」、最適化された「ストリーミング」」による圧倒的な映像体験・音響体験を楽しめるエリア。

「XPS13」以外に、エントリーモデルの「Inspiron」シリーズもお目見え。正直、エントリーモデルのInspironでDELL CINEMAの映像体験・音響体験が十分にイケるのかと疑問符なんだけどね。

ご飯を食べながら、アンバサダー同士の交流もしたり、和やかな雰囲気でみんなタッチアンドトライをしていました。

キーマンやアンバサダーのスピーチも

アンバサダー代表や各賞受賞者によるスピーチも行われました。実際にXPSを借りてどういう体験につながったかブロガーさんの話を聞けたり、スポーツのライブ配信サービス「DAZN」を手がけるPERFORM GROUPの社員さんからDAZNの紹介もありました。プレゼンの中でDAZNを見るのにDELL CINEMAテクノロジーが詰まったXPSは相性バッチリと言ってくるあたり、さすがですw

星影さんは、数々のデル製品、中でもALIENWARE AURORAのパワーの凄さを紹介。
星影さんとはいくつかのアンバサダープログラムやブロガーミーティングでもお会いしたことがあります。結構有名な方ですね。

ネコガジェットさんはデルアンバサダーとして一年間活動してデルの印象が変わったことをお話されていました。

デジタルザッカーさんは、自分だけじゃなくお子さんもデルのPCに親しまれている事を紹介。

日曜アーティストのとまきさんはXPS13のDELL CINEMAテクノロジーとバッテリーを活かした”映画マラソン”の様子を紹介。
とまきさんも色々なアンバサダーやられてます。有名人。

今年もAJIの橘さんのライブが!

会の後半、ミュージシャンでご自身がデルアンバサダーでもある、アカペラグループ「AJI」の橘さんのライブが今年もライブやってくれました!しかも3曲!

諸々の大人の事情があるので動画は紹介できませんが、相変わらず橘さんの歌声いいっすな。去年は2曲。今年は3曲だから次回は4曲やってくれるんだろうか・・・。
ちなみに、橘さんの所属するAJIのオフィシャルサイトはこちら。現在活動休止中なんですがね・・・。
https://www.ajiaji.jp/

会の終盤に行われたXPS13が当たるクイズ、今年も早い段階でダメだったprz…

会を終えて

デルのアンバサダーだからって事を抜きにして、やっぱりデルが一番信頼、安心できるメーカーだなぁと思いましたね。
開発部隊の人たち、営業の人たちがいて、アンバサダーは「ここをもっとこうすればいいのに」、「このプロダクトを出して欲しい」という要望を直に伝えられる場所を設けてくれるメーカーって中々ないっていうか、ほとんどないんですよ。PCだけじゃなくてスマートフォンのメーカーでもね。本当は日本のメーカーが率先してこういうのをやってくれればいいのにとずーっと思ってるんですけど。
外資なのにここまでカスタマーとメーカーとの距離が近いって普通はないですよ。こういうの本当に大事。信頼できる。
少なくとも、PCではデル以外を購入するつもりはないですし、PC購入の相談を受けた際にデルを真っ先におすすめしています。(ちなみに、スマートフォンはHUAWEIが同じようにメーカーとカスタマーとの距離を近づけてくれるスタイルを取ってくれるので、HUAWEI一択だったりします。)

今年もデルアンバサダーとしての活動はいくつかやっていこうと思っているのでお楽しみに!

デルから最後にお土産としていただいたものをご紹介ー。

お菓子にDAZNの1ヶ月お試しクーポンの他、なぜかクマのぬいぐるみががが!
なぜに熊(* ̄(エ) ̄*)