New XPS 13はほぼ完成されたモバイル、「弱点なし」?

blogger-actionNew XPS 13, デルアンバサダープログラム

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

さて、約1ヶ月間借用できたNew XPS 13ともお別れの時期がやってまいりました。

New photo by 折嘴煌人 / Google Photos

土曜日に返却したので、今回のレビュー記事はこれが最後。
まずは、前回書いたとおり、性能面のことを書いておきます。

New XPS 13は重たいゲームには向かない

前回New XPS 13をお借りしたときにも行ったいくつかのベンチマークテスト、今回もやってみました。
なお、改めて書きますがDELLのPCの中で、ゲームに特化したXPSシリーズはゲームするモデルではありません。
もう一回New XPS 13のスペックシートをおさらいしましょう。

CPU 第8世代 Intel Core i7-8565U
メモリ 16GB LPDDR3 2133MHz
ストレージ 512GB PCIe NVMe SSD
GPU Intel UHD Graphics 620
ディスプレイ 13.3インチ 4K Ultra HDフレームレス・タッチディスプレイ(光沢)
最大解像度 4K(3840 x 2160)

1つ前の機種、XPS 13(Early 2018)との差異は、CPUのみ(第8世代 Intel Core i7-8550U->同Core i7-8565U)。

New photo by 折嘴煌人 / Google Photos

ディスクもNVMe接続のSSDというところは変わりません。

New photo by 折嘴煌人 / Google Photos

NVMe SSD、ハイエンドのSamsungやWesternDigital Blueシリーズなどのような速度は出ていないようですね。

ゲーミングベンチも実行しましたが、あまり変わりない結果に。
ドラゴンクエストXは軽めのオンラインゲーム。PSO2とドラクエXあたりは、Intelの内蔵GPUでも割と余裕です。

New photo by 折嘴煌人 / Google Photos

ファイナルファンタジー14紅蓮の開放者にいたっては、前モデルの方が僅かに逆転という・・・(誤差だと思うけど)

New photo by 折嘴煌人 / Google Photos

バイオハザード6も・・・。

New photo by 折嘴煌人 / Google Photos

以上の結果を前モデルと比較するとこんな感じです。



ということで、ほとんど変わりませんね・・・(*´∀`*)
ゲームするんだったら、dGPUを搭載したXPS 15もしくはGシリーズ、予算が許せばALIENWAREを選ぶべきです。

1ヶ月試用して

約1ヶ月、New XPS 13を試用して思ったことですが、このプロダクトはもうほぼ完成形ですね。
カメラも今回のモデルでディスプレイ上面に移動したため、モバイルPCとしては本当に理想形。
唯一、GPUのパワー不足を挙げましたが、それもこのNew XPS 13では想定していない購買ゾーンの人が思う内容ですし・・・。
DELLの中の人も「弱点がない」と言っていましたが、概ね同意。

あとは次の点が解決されればもう無敵。

カスタマイズの選択肢がなさすぎ

これ、DELLの中の人にも伝えた気がします。
XPS 13は最安で12万円〜23万円程度、クーポンを駆使して10万円〜19万円といったところですが、どのモデルでもカスタマイズでいじれるのはOSのエディション、カラー、リカバリーディスクの有無といったところで、ハードウェアについては決め打ち。これじゃー、ちょっと寂しい。
DELLに限らず、直販メーカーは豊富なカスタマイズが魅力なわけですからね。
一つのモデルを設定して、その中でCPUメモリの容量、デュアルチャネルへの切り替え、ディスクの容量変更などのBTOオプションを変更できるようにしてほしい。
「CPUはCore i5でいいけどメモリは16GBにしたい」とか「ディスクだけは盛り盛り積みたい」という要望も絶対あるわけで・・・。
それが今だと、最低スペックはCore i3、メモリは4GBのシングルチャネルとか、XPS 13の魅力を大幅に損ねています。
これは是非とも改善してほしいな。

似たようなモデルが乱立しているのでわかりにくい

これはXPSだけが悪いわけじゃないんですけどね。
たとえば、XPS 15とDELL G3、Inspiron 5000シリーズの15インチ ノートPCを見比べた時、どれがいいかなんてすぐには分からないです。
トータルのデザインではXPS 15ですが、性能をXPS 15と同じにしながら、デザインを落ち着かせコストダウンしたInspiron 5000シリーズ、CPU/GPUのパワーで圧倒し、コスト面でもXPS 15より安いDELL G3。
俺も結構悩みます。SOHOユーザーの場合、これに法人モデルのVostroやLatitudeも購入対象になってくるのでますますわけわかめ・・・・。実際に俺も購入相談を受けたことがありますが、悩みに悩んじゃいましたよ^^;

個人的には、思い切ってモデルを1つずつスパッと省いてほしいなぁ。例えば個人向けはXPSに統一させて、価格レンジを広く持たせ、筐体デザインを統一させる。そのかわり、カスタマイズをもっと広げる。
そうすれば、個人的にもっと楽しくなる(笑)

とかなんとかわーわー言っておりますが、New XPS 13、とてもとても使いやすくて所有欲も満たしてくれる、とてもいい相棒でした。
あー!このモデル欲しいな・・・・・・。

今回のアンバサダープログラム、DELLには本当に感謝ですヾ(@^▽^@)ノ