第10世代Intel CPUを搭載したXPS13をレビュー #デルアンバサダープログラム

blogger-actionDELL,XPS13,デルアンバサダープログラム

どもどもこんにちは。 デルアンバサダーのGriffon@stargryps です。

さて、今回はついに最新世代のXPS13をお借りしたのでレビューいたします。
デルアンバサダープログラムでお借りしておりました。(もう返却しちゃったけど)

スペックと特徴から

今回お借りしたXPS13 9300(2020)のスペックは以下の通り。

XPS13 2020 SPEC

XPS13 9300(2020)
CPU第10世代Intel® Core™ i7-1065G7(8MB キャッシュ, 最大3.9GHz駆動)
メモリ16GB DDR4-3733MHz 8GBx2
ディスク512GB M.2 PCIe NVMe SSD
GPUIntel® Iris Plus 640
ディスプレイ13.4インチ 4K UHD+(3840×2400) フレームレス低反射光沢タッチディスプレイ 500-Nits
本体サイズ高さ14.8mm
幅296mm
奥行き199mm
重量約1.2kg

CPUはIntelのGPU統合型Core i7です。最近の重たいゲームやグラフィックス処理には向かないCPUです。
XPS13-9300-CPUZ

DELL XPS13はこれまで、9360(Late 2016 and Late 2017)、9380(Early 2019)とお借りしてきて、これが3代目。新版になるに従ってどんどんマシンが洗練されていってます。
XPS13-9300-A

しかし、マシンは洗練されていっている犠牲として、USB Type-Aが消滅・・・。
マシン左サイドはUSB-CとMicroSDカードスロット。
XPS13-9300-left

マシン右サイドもUSB-Cとイヤホンジャックのみ。
XPS13-9300-right

これは裏面。
XPS13-9300-D

マシン重量はケーブル無しで1,27kgでした。タッチディスプレイなのでその分ちょいと重い。
XPS13-9300-gram-hontai

ちなみにケーブルは236gです。マシンと合わせて1,5kgくらいなので持っててもそこまで苦ではないかな。
XPS13-9300-gram-cable

一見してわかりづらいですが、排気口がマシン下部にあります。
XPS13-9300-blow

ベンチマークなど、重い処理を走らせている時はここから勢いよくファン音と熱い空気が出ます(このくらいのスペックだとファンレスは無理)
ちなみに、ファン音はだいたい35dbくらいをいったりきたり。生活音がある屋外やリビングルームであれば特に気にならないと思います。図書館みたいな静かなところだと結構目立ちますw
sound_20201009_231245

ベンチマーク各種

ということで、恒例のベンチマークです。

3D MARK TIME SPY

恒例の3D MARK。まずはDirectX12のテストであるTIME SPYです。
XPS13-9300-3DMARK-TIMESPY

800台と、この統合型GPUを搭載したCPUではしゃーないですね。比較対象もこのとおり、仕事場用のラップトップといい勝負です。
XPS13-9300-3DMARK-TIMESPY-COMPARE

3D MARK SKY DIVER

TIME SPYではあまりにも性能がわからなすぎるので、統合型GPUに最適なテストとして別に用意されている「SKY DIVER」もやってみました。はじめて知りましたw
XPS13-9300-3DMARK-SKYDIVER

確かに、TIME SPYやFIRE STRIKEと比べてサクサク描画してくれましたね。7462というスコアがどれくらいかというと・・・。
XPS13-9300-3DMARK-SKYDIVER-COMPARE
・・・・やっぱり、オフィスラップトップといい勝負でした(汗)

3D MARK NIGHT RAID

ちなみに、もう一つ同じく統合型GPUのテストである「NIGHT RAID」もやってみました。こちらは軽量版のDirectX12テストなんだそう。
XPS13-9300-3DMARK-NIGHTRAID

まぁ、多分オフィスラップトップといい勝負なんだろうなぁと思ったら
XPS13-9300-3DMARK-NIGHTRAID-COMPARE
やっぱりそのとおりでした・・・。

PC MARK10

PCの総合的な性能を測る、PCMARK10です。
XPS13-9300-PCMARK10
この「3977」というスコア、実は上位機種のXPS15 の先代モデル「XPS15 7590」が「4413」なのでいい勝負になっています。(XPS15のスコアが低すぎるとも言う)。

Geekbench

スマホでもおなじみ、Geekbench。CPUとGPUをそれぞれ計測しています。
XPS13-9300-GEEKBENCH-CPU

XPS13-9300-GEEKBENCH-COMPUTER

CrystalDiskmark

ディスク性能を測るCrystalDiskMarkですが、これはM2 NVMe SSDの力が思う存分引き出されていますね。かなり速い部類です。
XPS13-9300-CRYSTALDISKMAKR
今回も東芝製でしたね・・・。

CineBenchR20

XPS13には厳しいテストが続きます。CineBenchで部屋の描画にかかる時間を計測します。
XPS13-9300-CINEBENCHR20
1396というスコアは第6世代のCPUにも劣るという・・・。

Blender

BlenderでBMWを描画するテストです。こちらも時間が短ければ優秀ですが・・・。
XPS13-9300-BLENDER-BMWBENCH

11分21秒。かなり遅いですね・・・。
なので、LightRoomやGIMP、Luminartといった画像編集ソフトもはっきり言って重いです。画像加工にはこのモデルを選んではいけません。

Final Fantasy XV

最後はゲームベンチを3本。まずはFinal Fantasy XVから。
XPS13-9300-FFIX-標準品質
最高品質ではダメだろうというのが見えていたので、標準品質に落としてやってみましたがそれでも動作困難。まぁ、これは見えていた結果。

バイオハザード6ベンチ

ゲームの中でも軽い部類に入ってきたバイオハザード6。
XPS13-9300-BIOHAZARD6
なので、このようにXPS13でもなんとか遊べます。

Tomb Raiderベンチマーク

今回からテストに追加してみたトゥームレイダー。こちらも結構重いゲームです。
XPS13-9300-TOMBRAIDER-LOW
ベンチマークの時間自体は短いんですが、フレームレートが30fpsに届かない場面が多く、このような結果に。

ということで、ゲームや写真編集系にはこのXPS13シリーズは向きませんねぇ・・・。
筐体サイズ的に強力なGPUは積めないので、このシリーズはオフィス向けと割り切ったほうがよさそうです。