本機で欲しくなったMateBookのまずはスペックを見てみる #HWJTT2016

blogger-actionHUAWEI, MateBook, ファーウェイ王国ブロガーズミーティング

どもどもこんにちは。@stargryps です。

引き続き、11月25日に行われた「HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016 モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」のレポートです。今回はMateBook。

まずはスペックから

落ち着くために、まずはスペックから見ていきましょう。

OS Windows 10 Home 64-bit
Windows 10 Pro 64-bit
CPU CPU
第6世代 Intel Core m プロセッサ、デュアルコア最大3.1GHz
Core M3-6Y30/Core M5-6Y54
RAM 4GB/8GB
ストレージ 128GB/256GB/512GB M.2 SSD
ディスプレイ 12インチIPS,解像度 2160 x 1440
タッチパネル 静電容量式, 10-point, 静電容量式ペンをサポート
カメラ 約500万画素
バッテリー 33.7Wh
サイズ 278.8 x 6.9 x 194.1 mm
重量 約640g
センサー 加速度 / 照度 / ジャイロ / 指紋認証 / ホールセンサー
通信方式 WiFi: 802.11 a/b/g/n/ac, 2.4GHz & 5GHz,MIMO 2×2
Bluetooth® 4.1 with BLE
マイク デュアルマイク
スピーカー デュアルスピーカー
コネクター USB3.0 Type C x 1
ヘッドフォンジャック x 1
カラー HUAWEI MateBook:
ゴールド、グレー
HUAWEI MateBook キーボード / ドック(別売り):
ブラック、ブラウン、オレンジ、ベージュ
オプション HUAWEI MateBook Portfolio Keyboard×1(日本語配列)
HUAWEI MatePen×1
HUAWEI MateDock×1

MateBookのCPU/メモリは決して最高ではない

CPUは最新第6世代のSkylakeでCore M3-6Y30かCore M5-6Y54となっています。
Core M3-6Y30は、定格900MHz、TurboBoost時で2.2GHz。内蔵GPUはHD Graphics 515で850MHz。
Core M5-6Y54は、定格1.1GHz、TurboBoost時で2.7GHz。内蔵GPUはHD Graphics 515で900MHz。

Matebookは12インチというタブレットにしてはかなり大型ですから、こいつをタブレットオンリー、ようするにiPad Proライクに使うのは大きさからいって、結構キビシイ。というかもったいないですねー。それだったらXperia Tabletなどの10インチタブレットでいいじゃんと思います。せっかくキーボードが用意されているんですから、俺はこのMatebookをノートPCで使い、時々タブレットとしても使う。場合(俺もそう)このCore MというCPU、Coreiシリーズと比べてどうなの?と思います。思うよね?
ということで、他と比較したものを探してみます。CPUのベンチマークが大量に保存されていることで有名なPassMarkのサイト。
COMPARE
そこから引用します。(比較は全てSkylake世代のCore-M3-6Y30、Core-M-6Y54、Core-i3-6006U、Core-i5-6300U)

Gen Skylake Skylake Skylake Skylake
Name Core-M3 6Y30 Core-M5 6Y54 Core-i3 6006U Core-i5-6300U
core/thread 2core/4thread 2core/4thread 2core/4thread 2core/4thread
clock normal 0.9GHz 1.1GHz 2.0GHz 2.3GHz
clock TurboBoost 2.2GHz 2.7GHz None 2.8GHz
GPU Intel HD515 Intel HD515 Intel HD520 Intel HD520
Score 3022 3022 3000 4306

・・・うーん、Corei3の方がScoreが低いのが俄には信じがたいんですけど(^_^;)
Corei3、クロックがあがるごとにPassMarkのスコアも上がり方がすごいので、これは誤差かもしれませんね。
さすがに、Corei5には結構な差を付けられています。

メモリについては4GBよりも8GBの方が性能がいいのはいうまでもありません。これ、画像や動画を編集している時に差が出てきますね。
Matebookは後からメモリの増設ができない(そもそも設計思想が違う)ので、不安を覚える人は8GBモデルを選んだ方がいいかもしれません。

というか、キーボードセットモデルに8GBバージョンがないのはどういうことだHUAWEI!(笑)

8GBモデルでセットが9万円以内だったら速攻ポチッでした。いや、今すげー悩んでるとこなんですけどね。

Matebookのレビュー、次はデザインや機能を見てみたいと思います。