HUAWEIのブロガーミーティングで感じたこと

29/01/2017blogger-actionHUAWEI, ファーウェイ王国ブロガーズミーティング

どもどもこんにちは。@stargryps です。

HUAWEI JAPAN Touch and Try Tour 2016 『モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング』レポ、今回はシメとしまして、今回のイベント参加して思ったことを手短に。

やっぱり時間短いw

まぁ、名古屋開催や東京開催の他の方も書いてましたが、時間が圧倒的に短かかったですね。
しかも、P9やMateBookは発売から既に数カ月経過しているので、購入している人も多く、正直レポが難しかった面もあります。
2機種の紹介とタッチ&トライは2時間じゃキビシイですね。1機種に絞ってよかったかもしれないかなぁと。

大阪開催、福岡開催はどうなるのか参加される方のレポートが楽しみですね。

表記の揺れが気になる

えーと、機種名や機能の名称がまちまちなのがすごい気になりました。
たとえば、P9のカメラ機能、ワイドアパーチャーだったり、ワイドアパチャーだったり。
honorが「オナー」だったり「オーナー」だったり。

このあたり、海外メーカー嫌いな人ってすごい気にされるんですよね。
HUAWEIの中の人も「直してと言っているんですが・・・」とタジタジでした。
サポート品質とかにもこういうの影響してきますよぉ?

世界シェアでAppleに次ぐ2位となったHUAWEI

SAMSUNGの自滅

もあったとはいえ、HUAWEIがAppleに次いで、スマートフォンシェアで世界第二位になりました。
ファーウェイ、第3四半期世界スマホ市場の利益シェアで2位に浮上 – CNET Japan

メーカー間の熾烈な競争が日本よりも激しい中国。シャオミ、ZTE、OPPO、Vivo、レノボといった力のある企業同士が鎬を削っているわけで、その中で2位なんですからすごいです。
俺も今年、Ascend Mate 7を手に入れたことでお付き合いすることになった、HUAWEIですが、作りもそつ無く、何より国内メーカーよりもOSのアップデートに対して丁寧な対応をしてくれるのが嬉しいですね。
そんなHUAWEI、日本国内ではまだまだニッチな方のメーカー(少なくともASUSより名前は売れていない)ですが、世界では先進技術開発をする企業として超有名。
なんせ、売上の10%近くを毎年技術開発への投資に使い、特許取得件数も毎年1位もしくは2位を走っています。
去年も2年連続で1位でした。
2015年国際特許出願、中国・華為が連続1位、三菱電機は5位 2016/03/17(木) 12:04:11

つい数年前までコピー天国、パクリ国家と言われていた中国ですが、こんだけ技術開発が進んでいる企業であれば、日本を上回る品質を持つのも時間の問題ですよね(実は抜かれているかもしれないけど)

ホンハイに買収されたシャープは別として、ソニーや富士通にはもっと頑張って欲しいですね。
とにかく、国際競争力を削ぐような機能をわざわざ入れてOSアップデートの障壁にするとかそういった事はやめてほしいなぁ。

・・・と最後は脱線しましたが、HUAWEIの品質の良さは十分に体感できた今回のイベント。
モバイルプリンスとGAPSISの長田さん、参加させていただきましてありがとうございました。
また次回、同じようなイベントがあったら是非とも参加したいですね。

自分も端末のブロガーミーティングはHTC以来だったので、ちょっと準備不足やドタバタした面もありました。
HTCブロガーミーティング行ってきました。 | 食べる喜び
次のスマホを買うなら、絶対HTC Desire EYEをオススメする | 食べる喜び
うん、P9、MateBookともにやっぱりいい端末だった。
ブロガーのお供に最適ですなw