New XPS15をビックカメラで見てきた #デルアンバサダー #XPS15

blogger-actionDELL,XPS15,デルアンバサダープログラム

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

さて、Instagramで書いたとおり、XPS15の2020年型最新モデル、「XPS15 9500(2020)」をビックカメラ有楽町店で触ってきたので軽くレビューしてみます。

XPS15の実機を探し求め2ヶ月あまり・・・

実は、XPS15の最新モデルは5月の登場時からずっと気に入ってまして、購入候補に入っています。
長らくHuawei Matebookを使ってきましたが、さすがにCoreMとメモリ8GBだと画像編集アプリやタブ200個同時展開とか無理でして・・・。

ちなみに、Huawei Matebookを購入した時の記事が以下。

購入してから2年位は結構使えていたんですが、さすがに去年くらいからバッテリーがヘタる、不意にブルーバックになるなどのトラブルが続いていて、作業に支障をきたすことも多く・・・。
で、新しい機種をずっと探していたんですね。

その購入候補としてリストアップしたのが、今年5月に発売されたばかりのNew XPS15 9500(2020)。

ただ、発売開始となったもののDELLの旗艦店(XPS STORE)やビックカメラ、ヨドバシカメラを廻っても見当たらず。
New XPS13 9300(2020)は発売してすぐに実機が展開されたのに、この差はなんやねん!と関係者に連絡取ったりして探していたってわけ。

そうしたら、連休入ってすぐ「ビックカメラの池袋本店、有楽町店、川崎ラゾーナのXPS STOREにXPS15の実機が納入された」との情報が入り、池袋と有楽町に確認をとったら「ある」とのことだったので、昨日2020年7月25日に急いで行ってきました。

New XPS15見つけた!

ビックカメラ有楽町店の5F、DELLコーナーに到着したらありました!
20200726-IMG20200725184934

おおお、探し求めていたよ我がXPS15(泣)←大げさ

ちょうど隣には旧機種であり、昨日まで試用していたXPS15 7590(2019)がありました。
20200726-IMG20200725185052

ということでちょっと色々見てみましたよ。

New XPS15 9500(2020)は旧機種の不満を確実に潰した進化版

まずは全体像。
XPS13 9300(2020)と同じ、ディスプレイが4辺狭額縁となったことで、画面サイズ16:10となり本当に「目の前全部ディスプレイ」といった感じ。
左側のXPS15 9570(2019)と並べるともう全然違う。
20200726-IMG20200725185052

旧機種と4K 画面サイズ100%同士でタスクマネージャーを開いてみると、16:9と16:10でここまで情報量の違いが出ます!(100%じゃ普通は使いませんけどね・・・)
20200726-IMG20200725190902

なお、XPS15 9500(2020)のFullHD(1920×1200)液晶版を購入すると、画面の情報量はこのくらいです。(画面解像度を1920×1200、文字サイズを100%に変更)
20200726-IMG20200725185555
やっぱり、XPS15を購入するんだったら4K液晶じゃないとねー。

キーボードもエンターキー周りの窮屈さがなくなり、これぞ「フルキーボード」という打ち心地!ぶっちゃけ、XPS15 7590に感じていた不満点の一つがこれ。
20200726-IMG20200725184947
矢印キーの配置がちょっと変わりましたが、矢印キーよりもエンターキーと記号キー周りが他のキーと同じになったことが何より嬉しい。実際にブラインドタッチをしてみても全く入力ミスがない。

そしてインターフェース。まずは左側。Thunderbolt 3.0ポートが2つ、Macbookと同じ配列で並んでいます。どちらもPowerDeliveryとDisplayPortに対応しています。Thunderboltの隣にあるのがウェッジシェイプロックスロット。いわゆるケンジントンロックね。盗難防止の器具をつけるところです。IT企業だったらPCの持ち出し管理をするのに使ってるのが当たり前なので、企業向けノートをリリースしているところは付いているのが当たり前。まぁ、家で使う分には不要かな。
20200726-IMG20200725184952

ちなみに、このThunderboltポート、Macと同じ配列、同じ間隔、同じ規格なのでMac用の多機能USBハブが使えるはずです。次回XPS13 9300(2020)がモニターできる機会があったら家にあるやつを試してみようと思いますw

右側にはこの機種唯一となるUSB3.1(Type-C)を装備。XPS15 7590(2019)と異なり、最新のXPS15 9500(2020)では電源ポートが右側となります。(PowerDeliberyとDisplayPort対応)。この電源ポートの配置も実は嬉しいw ウチ、リビングでは電源タップ右側に置いてあるのでw
その隣はフルサイズのSDカードリーダーとヘッドホン/マイク端子。俺が使用しているミラーレスカメラ(SONY α6000)は、記憶媒体がフルサイズのSDカードなので、これもどストライクw ヘッドホン/マイク端子もこのPCで映画・音楽を聴いたり、ZoomやTeamsチャットをやる時があるのでこれも重宝しそう。
20200726-IMG20200725185010

XPS13 9300(2020)では決して実現できないこのインターフェース群がすごい嬉しい!

本体裏面には熱排出口かな?
20200726-IMG20200725190624

この試用機のスペックは以下の通り。
CPUはこのXPS15では上から2番めのスペックとなる、第10世代Intel Core i7 10750Hでした。6コア12スレッド。メモリは16GBですね。
Windows10のビルドは最新の2004ではなく、一つ前の1909。
20200726-IMG20200725185329

デバイスマネージャーを見ると、SSDはWestern Digital社製NVMe SSD 1TB。

ネットワークチップはKiller製のWi-Fi6対応AX1650。

バッテリー容量はBattery Reportを出力したところ、84,292mWhでした。そういえば、XPS15 7590のバッテリーを見るのを忘れていた・・・。
20200726-IMG20200725190147

というわけで、色々触ってみました。
いやー!これは早く欲しい!!