OPPO Reno 10x Zoom購入しちゃいました

blogger-actionoppo, opporeno10xzoom, ひかりTVショッピング

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

さて、引き続きOPPO Reno 10x Zoomの話題です。
ちょっと間が空きましたが、それには理由があります。
もう、タイトルで出落ち感ハンパないですが・・・

そうです。タイミングがちょうどよかったので購入してしまいました。

OPPOの販売キャンペーンはすごい

7月12日に発売されたOPPO Reno 10x Zoom、今回のブロガーミーティングでも協賛していた「ひかりTVショッピング」の販売キャンペーンがすごいです。

あ、ちなみにひかりTVショッピングというのは、NTTぷららのECサイトのこと。
hikaritv01

このNTTぷららでのOPPOの売り方がすごい!キャッシュバックやポイントバックを組み合わせることで、端末料金を約7万円も割り引くことができます。
hikaritv02

こんな感じに。
hikaritv03

ま、それ以外にも俺がメインで使用していたHUAWEI Mate 9がもう3年くらい?使用していて、性能的に足りないところが色々見えてきちゃったというのがある。
あとはMate9の後継の後継の後継機「HUAWEI Mate 30 Pro」のリリースが怪しくなってきたっていうのもあるんですが・・・。ホントはこれを購入しようと思っていた。
トランプの○○野郎め!ヽ(`Д´)ノプンプン

・・・というわけで、色々な条件が重なって、イベントから1週間くらいで購入ーとなりました。
土曜日にオーダーして15日の今日届いたので、セットアップやら移行やらをほぼ休日中に済ませることができた!

開封の儀やってみた

発売されたばかりの端末なので、せっかくだからといわゆる「開封の儀」やってみました。

「OPPO Reno 10x Zoom」の化粧箱は白を基調としたデザイン。
20190715_001
本体の裏面にあるカメラのデザインが化粧箱にも掲載されています。

横から。
見ての通り、箱は結構でかいです。HUAWEI Mateシリーズはスクエアな箱だったので余計に長さが際立ちます。
20190715_002
なお、フロントもサイドもブランド名はグラデーションがキラッキラしてます。

裏面。
スペックシールですね。「OPPO Reno 10x Zoom」の型名は「CPH1919」というんですね。6月20日に検品?された物のようです。

さ、表の蓋をあけると、更にこんなものが。中には製品に関する保証等が書かれた薄い紙が入っています。
20190715_004

それを更にどけたのがこれ。
20190715_005
「OPPO Reno 10x Zoom」はレザー調のケースが標準でついている他、USB-C接続のイヤフォン、VOOC 3.0規格対応のアダプタなど、一通り揃っています。
液晶保護フィルムも最初からインストールされていたので、アクセサリを別途購入することなくすぐに使えるのはありがたいですねv(´∀`*v)ピース
20190715_006

ちゃんとした保護ケースが付いているのはありがたい

20190715_007

20190715_008

意外としっかりしているレザー調のケース。TPUの安いヤツとは雲泥の差ですw サイズぴったりなので、はめこむと格段に防御力が上がります。
20190715_009

「DESIGNED BY OPPO」が光る。
20190715_010

ケースの裏面、「OPPO Reno 10x Zoom」のアイデンティティの一つである、裏面の一列カメラの他、「O-DOT」をしっかり目立たせるデザインになっています。
20190715_011

ケース上面。「OPPO Reno 10x Zoom」の象徴的な「ピボットライジングカメラ」を邪魔することなくデザインされた形。
OPPOは前のハイエンドモデル「FIND X」に続き、カメラは本体上面からウインウイン出すのが伝統なのかな?
20190715_012

VOOC対応のアダプタ。
20190715_013

これ、別売りしてるのかな?予備でもう一個持っておきたい。
20190715_014

このVOOC 3.0対応ケーブルが何かと貴重です。
20190715_016

SIM抜きピンはOPPOのOのデザインを模しています。
20190715_017

イヤフォンは後日試しますが、おそらくHi-Res対応でしょう。
20190715_018

さ、本体に戻りましょう。このデザイン、本当にかっこいいですね!
20190715_021

このポチっとしたボタンみたいなものが「O-DOT」。デザイン上のアクセントのみならず、これがあることでカメラを直接地面につけることがないように、というものです。
なので、このまま机などに置くと「グラグラします」w
20190715_023

今オレがメインで使っている端末との記念撮影。
20190715_027
左から「OPPO Reno 10x Zoom」、真ん中が今日まで俺のメイン端末だった「HUAWEI Mate9」、そしてルーター代わりの「Unihertz ATOM」。
ATOMについては、どこかで触れましょうかねw 全く書いてなかったもんね・・・。

「HUAWEI Mate9」と「OPPO Reno 10x Zoom」。サイズ感が似たように見えますが、HUAWEI Mate9の方が横に広いですね。

ということで、やっとセットアップに・・・。
電源を入れて、ColorOS6のセットアップー。
20190715_028
OPPO製スマートフォンなんてもちろん初めてなんで、色々探りながらやっていきますw

指紋認証。
20190715_029
20190715_030

でけた。
20190715_031

なお、SIMスロットは本体真下左側にあります。
残念がら、SIM2スロットはMicroSDとの排他利用。Motorola以外にDualSIM+MicroSDのトリプルスロット対応している端末がないのはなんなんだろう?
20190715_032

SIMスロットを差し込んだので、先程のケースをはめ込みます。
20190715_033

本体下面のスピーカー部とUSBスロットをもちろん開けてくれています。
20190715_034

本体裏面。
20190715_035
結構手に馴染むケースなので、これは他にケースを購入せずにこのまま行きそうw

セットアップは終わったので、次回に続く!