TOKABOのパスタをDesireとXperiaで激写

02/07/2017blogger-actionTOKABO, 田町

どもども。 Griffin ですこんにちは。

さて、今日は都内で仕事でして、ランチをガッツリ食べられるイタリアンにしました。
なお、この記事はDesire EYEのレビューも兼ねています。

田町駅ビル地下のイタリア地下食堂

やってきたのは田町。その近くにある駅ビルの地下にあるイタリアン。
真っ赤なロゴの「イタリア食堂」。これがTOKABOさんです。
20151018_x_01
実は前にも何回か来てますが、「食べる喜び」で扱うのはこれが初めてですね。
先月、グランドメニューを全面リニューアルしたとのこと・・・。
ただ、なんといってもここの魅力はボリューム満点のパスタとドリンク飲み放題。
さ、入ってみましょう。
ランチはさっきの写真の通り、パスタ6種類から1つをチョイス。
もれなくフリードリンクです。
20151018_d_01
なお、このパスタセットに「パン、サラダ、スープ、デザート」をそれぞれ100円ずつで追加できます。
なお、今日のデザートは「プリン」ということでしたので、俺はサラダとデザートを追加しました(・∀・) プリン大好きー。
待ってる間にお店の特徴を激写。
まずは、ランチのポイント「フリードリンク」。
20151018_x_02
ドリンクの種類はアイス:野菜ジュース、オレンジジュース、アイスコーヒー、アイスティー、烏龍茶
ホット:ホットコーヒー、ホットティー(ストレート)となっています。
俺が座ったのはこのドリンクピットの目の前ですが、ここ、お店の動線にもなっている為
渋滞が起きやすく、飲み物を持った人と会計の人がぶつかりやすく事故になりやすいのが
マイナスポイントですね。構造上、致し方ないところもあるんですが・・・。
市場の食堂よろしく、中央に長テーブルもあります。おひとり様はここが気楽でいいですね。
tokabo_naka

M、L、LLが同価格!腹いっぱい間違いなし。

さて、まずはサラダが到着。
レタス、きゅうり、コーンと共に赤いパプリカが目を引きます。
20151018_d_02
このサラダ、100円だと思って侮ってはいけません。底が深い皿で見た目以上に
入っています。ドレッシングは割とあっさり。野菜結構とれますので、女性にもいいかも。
そして、たっぷりのパスタです。今回は「じっくり煮込んだミートソース ボローニャ風」。
なお、パスタはLサイズ(300g)をチョイスしました( ̄ー ̄)
20151018_d_03
どーん!このサイズ!どうでしょうか。わかるかな?
さすがにLLの400gをこの濃厚なミートソースで食べたら胃もたれしまくりかな(;・∀・)
20151018_d_04
このうず高く積まれた山盛りのパスタとミートソースを絡めていただきます。
このミートソース、お肉たっぷり、トマトソースたっぷりで食べごたえバツグン(´〜`)
ちょっと味を変えたくなったら、ハバネロソースをふりかければドカンとくる辛さを味わえます^^;
アイスコーヒーで舌を新しくしながら食べました(汗)
さて、シメのデザートのプリン。
20151018_d_05
これも普通のお店より気持ち大きめなのが嬉しい(・∀・)
香ばしいカラメルソースが結構主張してきて、カスタードの甘さとちょうどいい!
結構冷やしてあるので、ちょっと温かい店内でしたが最後まで冷たくいただけました。
最後はホットコーヒーで一服。
お腹が空いているときは、こうやってガッツリ食べられるところがいいですねー。
コストパフォーマンスも非常に高く、ランチ時に人が途切れなく来る理由もわかります。
また近くに来た時は寄ろうかな^^;

Xperia対Desire EYEは?

では以上の料理をXperia Z3、Desire EYEで撮影したので比較してみます。
撮影条件は、両機種フラッシュOFF。それ以外はデフォルト。
Xperia Z3がプレミアムおまかせオート、Desire EYEはデフォルトモード。
両方共、カメラにおまかせということです。
上がXepria、下がDesire EYE。
まずはサラダ。

20151018_x_03

20151018_d_02

次にパスタ。

20151018_x_04

20151018_d_03

20151018_x_05

20151018_d_04

そして、プリン。

20151018_x_06

20151018_d_05

どうでしょう?Xperiaが2070メガピクセル、Desire EYEが1300メガピクセルですが、
もはや画素数の意味はあまりないです。
明るさはXperiaの明るさが本物に近いです。Desire EYEは明るすぎ。
ただ、Desire EYEも細かい部分の描写(ミートソース)は負けてませんね。
Desire EYEに不利な条件(2色LEDフラッシュを使用したフラッシュを使用せず)でしたが
ほとんど同じ表現を出せていると思います。
次回は、屋外と自撮りを試してみたいと思います。