東京獺祭の会2014 その2 数多の獺祭を飲み比べ

イベント, 東京獺祭の会, 獺祭東京獺祭の会, 獺祭

東京獺祭の会2014、その2です。

料理は諦めていたので、今年は日本酒コーナーの側に陣取りました。

というか、予めおにぎり2つ食べて参戦したし。

純米大吟醸50 磨き三割九分は いつでも置いてあります
純米大吟醸50
磨き三割九分は
いつでも置いてあります

テーブルにある純米大吟醸50と磨き三割九分、これを

普通の仕込み水ですが すんげー、うまい。
普通の仕込み水ですが すんげー、うまい。

この仕込み水で舌を新しくしながら飲みます。

獺祭の会は、こうやって仕込み水を飲みつつ、いろんな獺祭を楽しむと

色々な味を最後まで楽しめます。

獺祭は純米大吟醸ですが、仕込み方法や精米具合で色々種類があります。

純米大吟醸でも製法にこだわりバリエーション豊かに

左が磨き二割三分遠心分離 右が通常の磨き二割三分
左が磨き二割三分遠心分離 右が通常の磨き二割三分

同じ二割三分でも遠心分離と通常の磨きだと、味わいに多少の違いが出てきます。

遠心分離の方が加圧してない分、「味が細かい」感じがします。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

秋から冬にかけての季節限定モノ 寒造早槽48
秋から冬にかけての季節限定モノ 寒造早槽48

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

秋から冬にかけての限定品 温め酒50
秋から冬にかけての限定品 温め酒50

[/wc_column][/wc_row]

温め酒50は40度が丁度いい熱燗となります。 ほんとにふんわり柔らかい味。

寒造早槽48は温めると風味が飛ぶらしいので、気をつけましょうw

濃い目の獺祭。温め酒と寒造早槽の2つは獺祭の中でもわりかし強い方ですね。

これだけを飲み続けるとマジで危ないです。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

今年の正月、実は買いたかった 「純米大吟醸 遠心分離 おりがらみ元旦届け」
今年の正月、実は買いたかった
「純米大吟醸 遠心分離 おりがらみ元旦届け」

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

このように「おり」が入っています。 濃密な甘さが感じられる獺祭です。
このように「おり」が入っています。
濃密な甘さが感じられる獺祭です。

[/wc_column][/wc_row]

次も超限定モノ。

今回、あまり量がなかった 「純米大吟醸 磨き二割三分 発泡にごり酒 聖夜限定」
今回、あまり量がなかった
「純米大吟醸 磨き二割三分 発泡にごり酒 聖夜限定」

この聖夜限定の発泡にごり酒、下手なそんじょそこらのスパークリングワインや

シャンパンよりも味は上です。(実体験済)

今回、発泡にごり酒の人気高かったですね。温め酒や二割三分よりも

列がたくさん出来てました。

俺も遠心分離シリーズは好きなんです。

加圧モノは普通に飲めますが、遠心分離って獺祭くらいしかやっていませんからね・・・。

「磨き その先へ」は今年も堪能しました。

去年よりも一段と違いがくっきりはっきりしてました。

うん・・・一升瓶3万はやっぱり違うんですよほんとに。

20時から購買コーナーもオープン。

今年は、去年も購入しておいしかった獺祭ケーキ、そしてグラスを購入しました。

桜井社長の著書は・・・うん、購入しませんでしたw

サイン入りだったんですけどね。

外の購買コーナーも大盛況
外の購買コーナーも大盛況

そうこうしている間に、会もお開き。

入口で社長と副社長が皆さんにご挨拶、写真撮影してました。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

満面の笑みの副社長
満面の笑みの副社長

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

まだまだ獺祭の快進撃が続きます!
まだまだ獺祭の快進撃が続きます!

[/wc_column][/wc_row]

来年も絶対に行くぞ!