鼎泰豊で本物の小籠包をいただく

25/06/2017tabelog鼎泰豊

こんにちは。 @stargryps です。

G.W.最終日、なんとか雨が降らずにもってくれましたね。
そんな中、行ってまいりました新宿に。
初めてアレを食べに行ったのです。

台湾に行く前に日本の鼎泰豊を食べておく

「鼎泰豊」、知ってる人は知っている、小籠包が看板料理のお店です。
小籠包は今まで、横浜の中華街で食べた小籠包と、池袋で食べた「焼き小龍包」の2回きり。
今年、台湾への初上陸を予定しておりまして、その前に本場の小籠包を食べておきたいと思ったのです。
というわけで、本当は3日に行くはずだった鼎泰豊、本日にスライドと相成りました。
ま、天候は今日の方が暑くなくてよかったけど。

新宿高島屋タイムズスクエアに到着して、真っ先に12Fの鼎泰豊へ。
以前は10Fだったのが移動してます。
2014050602
ついに本物食うぜぃ

2014050601
メニュー見ると小籠包ドーン!

鼎泰豊は行列が長いが、回転超早

大体一時間くらいの行列を予想してましたが、実際は一時間弱でした。
今日はテラス席も開放していたので、希望者はそちらへ誘導してました。
ただね、今日は風もあったし、気温が低かったからテラス席だと折角の料理が冷めてしまってダメだったと思います。
ちなみにテラス席はこんなやつ。
2014050603
結構テラス席は数があります。天気がいい日はオススメ。

オーダーするものは並んでいる時にメニューを見せてくれていたので決定済み。
ちなみに、ランチタイムは11時から17時までと長時間なので、たいていはランチセットにありつけます。
2014050604 2014050605
ランチタイムはこの5種類から選びます。
俺は牛肉麺のセット、トモはズワイガニ入りチャーハンセット。
それに加えて、せっかくなので饅頭もオーダーしました。
待っている間に、ジャスミンティーで一服。
2014050606
ジャスミンティー、結構量入ってます。4杯以上行けたかな。
一緒に小皿に生姜を入れたものを渡されますので、それに酢醤油を入れておきます。
これが小籠包のタレ。
小籠包はお店の人がガンガン蒸しあげてますので、そんなに待つ必要はありません。
2014050607
開店前からガンガン作って蒸しあげます。
うちのテーブルにもやってきました!
2014050608
思ったほど大きくないんだね。
食べる前に、トモにお手本を見せてもらいました。
トモはこの新宿の鼎泰豊にも来たことがあるし、台湾の鼎泰豊にも行ってます。
だから、本場の味を知ってる。
2014050609
口をつまむと伸びるのが本物らしい。
2014050610
こうやって生姜とタレと一緒にいただく。
同じようにやってみていただくと・・・
すごいおいしーい!!
食べた瞬間、肉汁じゅわっ!けど、ヤケドするほどじゃなかったー^^
肉汁とタレがいい感じに絡まって顔がニヤけっぱなしw
確かに、これを食べると他で食べた小籠包は全然ですね。
お肉の旨味が違うんだな。あと、皮も違う。
そうこうしている間に、他の料理もやってきました。
2014050611
牛肉麺。醤油ベースかな。
2014050612
ズワイガニ入りチャーハン。
2014050613
全部来ると、テーブルに置ききれないw
さっそくいただきます。
2014050614
牛肉麺は、醤油ベース。透明な牛肉麺もあるらしいけど、それは台湾で。
麺は中くらいの麺、牛肉はホロホロとまではいきませんが、柔らかいです。
ただ、ラーメン全体で考えると日本のラーメンの方が上かなぁ。
ズワイガニチャーハンは、パラパラご飯一粒一粒までうまーい!
結構分量ありますねw
2014050615
豚肉入りまんじゅうはこんな感じ
2014050616
しいたけ入り野菜饅頭。

うーん、堪能堪能。
たっぷり食べて超お腹いっぱいです。
さ、これを覚えて本場の味を楽しもう。