金子半之助の天丼は3時間待っても食べる価値あり

25/06/2017tabelog金子半之助

どもども。 Griffin ですこんにちは。

ゴールデンウイーク突入ということで、俺とトモも休みを合わせて普段行けないお店に行ってきました。

それではいってみましょう!

金子半之助を君は知っているか

「金子半之助」というお店、当ブログを見に来られる方で知っている人はどれくらいいるのかな。
店名にもなっているこの方は、お店のオーナーの祖父のお名前で、高名な天ぷら職人だったそうです。
名前を店名にするくらいだから、おそらく日本に名が轟くような方だったんでしょう。
なお、この金子半之助ですが、「天丼 金子半之助」と「天ぷらめし 金子半之助」の二店舗がありまして、
あまり並ぶのが好きじゃない人は「天ぷらめし・・・」の方が数倍早く入れます。
俺達も最初間違って並んでいたのがこっちで、「やけに人が少ないな・・・」と思って店名を見たら
天ぷらめしのお店だったのです。
ちなみに、どれくらいの近さかというと・・・

たったこんだけ。
ということで超間違えやすいです。
まぁ、「天ぷらめし金子・・・」の方でも1時間半待ちと言われたのですがw

休日は3時間待つことを覚悟すべし

さて、そんなわけで東京駅から徒歩でお店に到着。12時7分時点で当然のごとくずらっと行列です。
2015050301
覚悟はしてたがこの行列。
あははww と苦笑いするしかないですね。
なんで日本人は並ぶの好きなんでしょうかね?生粋のマゾなんでしょうか?
この日は暑すぎない程度の晴天だったからまだよかったものの、
雨や酷暑の夏、厳寒の冬でもみんな並ぶのかな?
お店の前にはベンチが置いてあったり自由に飲めるポットと紙コップが置いてあったり等、
待ってくれるお客に対しての心遣いがありがたいです。
お店の近くまで列が来ると、天ぷらを揚げる職人さんの顔が見れたり、メニューが見れたりしますので気を紛らわせましょうw
暇つぶし道具は必須です。
2015050304
メニューは大変わかりやすい!江戸前天丼のみ!漢って感じですな。
メニューはこちらにあるとおり、江戸前天丼一種類という男気溢れるメニューです。
店員さんが店前でオーダーを聞いてくれますので、ご飯を大盛りにするか、味噌汁を付けるかを言いましょう。
なお、具材に穴子があるんですが、穴子が苦手な人は鱚(キス)と変えてくれます。
席数はカウンターが6、2Fのテーブルが14、あわせて20名が定員。
回転は早かったり遅かったりマチマチです。俺達が入店出来たのが14時44分。
カウンターに通していただきました。着いて開口一番「お暑い中、大変お待たせいたしました」の気配り。
嬉しいですね。大きい黒豆のお茶が出されますので飲んで一服。
2015050306
黒豆の存在感がでかいですなー。香ばしくていい感じです。

950円は安い!と言わざるを得ないほどのボリューム

オーダー自体は並んでいる間に店員さんが聞きに来ますので、着席して1分もしないうちに天丼がやってきます。
2015050307
特大天丼きたぁ!
うわーーーーー!マジでけぇぇぇえぇぇ!ヽ(゜▽、゜)ノ
というのが二人の印象。
えーと、俺が大盛り、トモが普通盛りでオーダーしたんですが、見た目わかりませんw
そんだけ天ぷらの大きさハンパないです。
2015050308
ちなみに、こちらが普通盛り。
具材は1.海老x2、2.穴子 3.ししとう 4.海苔 5.イカと貝柱のかき揚げ 6.半熟卵 の計6種類7品。
これ見るだけで並んでいた疲れがぶっ飛びますね!お味噌汁は三つ葉と豆腐のお味噌汁。
溢れんばかりに入ってますので注意です。
2015050310
お味噌汁はやや薄口。三つ葉が口の中いっぱいに清涼感を与えてくれます。
さっそく食べるんですが、天ぷらのボリュームが凄すぎてどこから手を付けていいかわかりませんw
甘めですがさっぱりしたタレが存分にかかっているので、
天ぷらを崩しながらご飯と一緒に食べて行きましょ。
感動するほどバカでかい穴子まいうー。
イカと貝柱のかき揚げはいかに包丁が入っていますので、貝柱と一緒に噛みちぎれる。
コリコリとした食感を楽しめます。
この穴子の大きさ、器の端から端まであります。
2015050313
穴子はサクッフワッという絶妙な味。
ある程度食べ進むまで卵は残しておくことがオススメ。
卵は半熟なので、割ってトロリと出てきた卵黄を混ぜて食べるとご飯が更にまろやかになって一層進みます。
2015050312
どうやって卵をこんなにとろっとした状態にしているのか。
口の中をサッパリしたい時にはテーブルに置いてある漬物と「がりごぼう」をいただきましょ。
2015050311
ごぼうとガリという珍しい組み合わせ
ガリごぼうはその名の通り、甘酢で漬けたガリに柔らかくしたごぼうが一緒になった箸休めの逸品。
これはこれで旨いわー。
最初は「天丼に三時間待つのはきっついなぁ」とちょっと思ったんですが、完食して超大満足!
これはリピーターが出るのも納得です。
姉妹店がいくつかあるようだから、今度は違う方行ってみようかなぁ。