わとか食堂でわとカラ部活動ー

tabelogわとか食堂

どもどもこんにちは。 Griffon@stargryps です。

金曜日の夜、わとか食堂でごはんタイム!
わとか食堂は7月で3周年を迎え、コミュニティが立ち上がり、ますます元気!
何を食べてもハズレ無しのこのお店。ランチはなくなりましたけど、ディナーで来ても満足するから絶対来てみたほうがいいですよ。
20180824_008
このマスターの優しい笑顔がまたいいんだw

お店いっぱいにこれでもか!とメニューががが!

夜6時に到着ー。
お店はお客さんがたくさんです(いや、マジで)
20180824_001

中に入って一番奥の席へ。
相変わらずのメニューのすごさです(;・∀・)
20180824_002

まずはコレ!
20180824_003

裏もあるよ。
20180824_004

唐揚げもオーダーするよ♪
20180824_005

で、わとかの奥さんが和歌山から仕入れてきたお酒もあるよ。
20180824_006

20180824_008

まずはレモンハイボールとメガハイボールでお疲れ様ーの乾杯!
20180824_009

グビグビグビッ!プハァーとうまい!
唐揚げにはこのハイボールが合う!もう、これは鉄板ですわ。

一品料理がなんでもうまいんだ

まずはとりハム温玉パッチョ。通称「パッチョ」。
この響き好きですw
20180824_010

半熟卵を割ってトマトと玉ねぎ、ハムと合わせて食べるともううまい!いや、理屈抜きで。
20180824_011

20180824_012

んじゃ、主役の登場ー。
20180824_013

黒胡椒がたっぷり聞いた手羽先が照っています(*´ω`*)
20180824_014

唐揚げキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
20180824_015

醤油・塩・ごま油を揉み込んで丸くなるように成形して揚げて・・・・。
本当に手間暇かけて揚げられているこの唐揚げ。本当にうまいんすよ。
皮パリパリ、中じゅわーっという王道の味。何個でもいけちゃいます。

この手羽先だって。
20180824_016

手羽先と言ったら名古屋が本場?ですが、わとか食堂の手羽先も負けず劣らずの味わい。
パリパリ、ちょい辛の皮目と手羽をハムハムして味わえるお肉がおいしいー。

エビマヨはエビが大きくてマヨネーズたっぷり(普通のマヨネーズじゃないよね絶対)
20180824_018

続いて、厚切りレバニラー。
20180824_017

この超大型のレバーがすごい。
20180824_019
ニラともやしのいい味わい。そしてレバーは柔らかくて濃厚。

麻婆トマトは辛ウマ、だけど辛いの苦手な人は要注意

で、次の料理はここで出会った逸品。麻婆トマト!
20180824_022

花椒が効いた、本格的に辛い麻婆です。マスターの作る中華は本当に辛い!けど、これが癖になるウマさなんですよー。
20180824_024

で、この辛ウマのタレは後の料理にも使えちゃいますのでとっておきます。
20180824_025

こうやってね。
20180824_033

あと、エビマヨのマヨネーズも唐揚げにあうよ。
20180824_027
味変をしても唐揚げ自体の美味しさは全く損なわれないのがすごいんですよ。

ここで和歌山のお酒にチェンジ!
20180824_026
和歌山の地酒、車坂。
これは純米吟醸と純米酒の飲み比べセット。
さぁ、どっちがどっちか飲み比べましょー。
ちなみに、これがボトル。
20180824_030

正解はこうでしたーー。(もちろん正解しました(*´ω`*))
純米吟醸の方がスッキリしていてすぐにわかっちゃいましたけどねw

トモは和歌山のフルーツ盛りだくさんリキュール、その名も文字通り「もりだくさん」です。
20180824_029

「もりだくさん」の瓶はこちら。
20180824_031
梅酒、ゆず、桃、みかん、レモン、キウイ、いちご、りんご、イチジク、橙、すだち、「じゃばら」ペースト、かりん、柿酢・・・・。
すげーな、この量w すっきりしていて果汁の甘味も感じられてすごいおいしい。これは夏にぴったりだ。

さ、そろそろ〆に行きましょう。スパイシーポテトはお酒のおつまみにぴったりー。
20180824_035

スパイスが効いたポテトフライはパリパリポリポリ。あっという間になくなりますw もっと頼んでも良かったかな。

最後にシメの鶏ダシ雑炊。
20180824_038

暴飲暴食をした胃に優しいこと間違いなし!なこの雑炊。
シメはやっぱりこれですねー。
鶏だしをベースにわけぎや鶏肉がたっぷり入っています。

じゃばらって知ってますか?

さ、ここで出てきたのが「じゃばらこしょう」という調味料。
20180824_039

柚子胡椒に近い色と形ですが、正体がまるっきり違います。じゃばらという柑橘をベースに作られた調味料。
作っているのはダイナミック食品というのもすげー刺さるものがあるんですが(`・ω・´)ゞ
20180824_040

これはじゃばらとはちみつをあわせた「じゃばらはちみつ」という飲み物。そのまんまやんけw
20180824_044

20180824_044

さて、じゃばらとはいったい何か。Wikipediaから。

ジャバラは、ミカン属の柑橘類の一種で、ユズや九年母(くねんぼ)などの自然交雑種である。原産地は和歌山県東牟婁郡北山村。強烈な酸味と苦味を生かして、北山村が村おこしに活用している

いや、知らんしw
じゃばらのすごいところはナリルチンという成分が大量に含まれていて、花粉症に効くんだそうな。
これは花粉症持ちの俺にとっては見逃せないポイントだ!

日本で唯一海に面していない飛び地の和歌山県・北山村という村にしか自生していなかったっていうのもロマンありますね。
20180824_045

実際飲んでみたらすごい飲みやすい!けど、香りは柚子のそれとは全然違う!確かに鼻に良さそう(単純だなオイw)
20180824_046

じゃばらのお酒もあるそうで、そちらも当然ながらいただいちゃいました。
20180824_047

オススメはオンザロック!
20180824_048

ということで、オンザロックでいただいちゃいます。
20180824_049

わとか食堂としては、この「じゃばら」がもっと有名になればいいのになーと思っているみたい。
俺もこのじゃばら、気に入っちゃいました。
ふるさと納税でもじゃばらを使用したものがあるみたいだし、ちょっととりあげてみようかなぁ。

このあとは先日行った銀座の事で話が盛り上がりw
本当に楽しいお店です。
また近いうちに行きたいな♪

関連ランキング:居酒屋 | 南柏駅