2016台湾旅行〜まだ台北に着いてないよ〜

20/04/2017travelog2016台湾, 台北, 台湾, 牛重, 羽田空港前泊

どもどもこんにちは。Griffin です。

火曜日から昨日の木曜日まで台北に旅行してきました。台北は去年に続いて二年連続。
当ブログの台湾旅行記、おかげさまで非常にページビューが多く、台湾旅行の参考にしていただけているようで書いている方も励みになります♪ 書いている自分たちも今年の台湾旅行の計画に使っていたくらい(汗)

それでは今回もどうぞご覧ください。

まずは今回の旅行の概要から

今年の台湾旅行ですが、去年とは違って全日程で自由行動が出来るような商品を選びました。
旅行会社はH.I.S.に。
15日の羽田7:25発、17日は18:25に松山を出発して22:05に羽田着。終電前には帰るという、観光なし、送迎なし、朝早くから帰るギリギリまで目一杯楽しむ、という完全自由行動プランでした。
俺達の場合は、この方があっています。
なんせ、パック旅行は
・免税店よらなきゃいけない
・バスで移動しっぱなし
・制限時間があるからゆっくりできない
・自由時間なし

などなど、デメリットばっかり。
ホテルは今回シーザーパーク・タイペイが指定できるという好条件でした。
(シーザーパーク タイペイ/凱撒大飯店)は、旧ヒルトンホテルだったのが2003年にシーザーパークに生まれ変わり、大改装が何度か行われ、ガッツリきれいになっていました(あとで写真出しますね)。
航空会社は往復ともにチャイナエアラインです。
LCC使えばもっと安いプランもあったでしょうが、個人的な考えとして
「命預ける航空会社の品質を格安航空で値切るとかありえない」
ので、LCCは使いません。
(あくまで俺の考えなので、賛同は求めていませんよー)

これで空港施設利用料やらなんやらコミコミで、一人44,110円。二人で88,220円でした。

さて、このプランの最大の難点が「羽田発7:10という早さ」。搭乗手続きやらなんやらは2時間以上前には始まります。
即ち、朝5時には羽田空港にいなきゃいけない。柏から羽田って1時間ちょいかかります。朝の支度には・・・
と逆算していくと何時に起床しなきゃいけないんだっけ?となります。
ということで、「じゃあ、羽田空港に前泊しよう」となりました。

羽田空港前泊は割とポピュラー

海外旅行はこれまで4度ほどやってるんですが、いずれも午前10時とか夕方とか日中帯だったんですね。
なので、前日夜に羽田空港に着いて、そこで泊まるとかかなりデンジャラスでした(笑)

なんせ、寝過ごしたらどうしようという恐怖がw
旅行が決まってからもずーっと、この「羽田前泊」への対処が頭から離れませんでしたねぇ。

さて、そろそろ写真いきましょう。
11月14日(月)の夜9時頃に羽田空港国際線ターミナル駅に到着。
浜松町からモノレールで行きました。京急で行くというのもありますね。
国際線ターミナル駅から空港に入ると、こういった景色がお出迎え。
IMG_20161114_213517

IMG_20161114_213613

IMG_20161114_213610

2016111404

2016111408

羽田空港は旅行しなくても楽しめるちょっとしたテーマパークになっているんですよね。
江戸小路という、江戸の町並みを再現したものもあったりして。
ただ、景色よりも俺達はお腹ペコリな状況。前泊ということで、変則的な時間にお昼ごはんを食べたんですね。
ということで、お腹を満たしに行ったのはこちら。
2016111409

普通の人が唯一牛重を食べられる吉野家羽田空港国際線旅客ターミナル店

吉野家 羽田空港国際線旅客ターミナル店。ここに行った目的はただひとつ。
永田町1丁目店とこの国際線旅客ターミナル店でしか食べられない「牛重」を食べるため!
・・・いや、他にもおいしいところはいっぱいあるんですけど、どうせ羽田空港行くんだったらここにしよう、と前から思っていたんですね。永田町1丁目店は国会議事堂の中にあるので、一般人が入るのは不可能。んじゃ羽田のココしか食べられないじゃん!と。
お店に入ると、結構人がいます。24時間営業の国際線旅客ターミナルとはいえ、ごはん処で24時間開いているところは限られます。
なので、羽田前泊とか早朝に帰国する、とかいう人たちはこういうところに集中するんですねー。
羽田空港らしく、外国人店員も2名ほどいました。
さて、これが見本。
2016111411
実際に出てきたのがこちら。
IMG_20161114_215130
香の物と味噌汁がセットになっています。
IMG_20161114_215316
大きめの煮玉ねぎ、豚肉は柔らかくしっとりとした味わい。豚肉の仄かな甘味がいいですね。
タレも多すぎず少なすぎず。吉野家、あまり行かないんですが結構うまいんですね!
お値段はさすがに高め。味もいいけど、お重で出てくる満足感の方が多いですね。

さ、お腹も十分に満たされたことで、寝床を・・・。
さすがに、3Fや2Fは人がかなり行き交うので、1Fまで降りました。場所はローソン前のベンチ。
2016111418
24時間営業のローソンがあるので、買い出しやトイレ、近くの充電ステーションでの充電等、色々便利なので羽田前泊でこの場所の人気は高いようです(汗)俺達が降りた時もかなりの人がいました。
2016111420
このベンチ、5連なので俺とトモでシェアしてなんとか寝てみます(汗)
さすがに安眠は出来ず・・・。旅慣れた人が前にいて、その人は器用に色々なものを枕にして寝ていましたけど。
2016111419
これで30分おきくらいに断続的に起きるノンレム睡眠に突入・・・。

4時に起きて、5時に搭乗手続き、ラウンジへ

ということで、まぁ深夜のLCC搭乗手続きのアナウンスやらなんやらで満足に寝られるわけもなく、4時には二人共完全に起きてました。
近くのトイレで歯磨きとか身支度したりして、いざチェックインカウンターへ。
IMG_20161115_050719

5時25分が受付予定だったんですが、もう5時から始まってました。
トランクを預け、チケットを受け取ってスカイラウンジに。
俺もトモもマルイのエポスカードゴールドメンバーの為、羽田のラウンジが使えます。ここは楽ちんだった。
IMG_20161115_052839

ソファはゆったり、ドリンクは無料。電源だってもちろんあるので、PCやタブレット開いている人もいましたね。
IMG_20161115_052833

ここで小一時間ちょっと休めていよいよ飛行機へ。
機上からは富士山も見えたり。
2016111502

ちなみに、機内食(洋食)はこんな感じでした。
2016111505

台北まで3時間30分。
2016111507

無事、松山空港に到着ー。
2016111509

台北に到着。入国準備へ

降りて入国手続きに向かう中、Skypeのポップが珍しい。
2016111510

あと面白かったのが、ターンテーブルでトランクが出てくるのを待っている間、壁にかかっている案内用液晶に
2016111511

Windows7の見慣れた起動画面ですなw OSはWindows7 Embedded Standard Edition。
2016111512

・・・セキュリティ的にどうなんすかね?と思ったのは俺だけではないはず。

入国を無事に終え、空港内の銀行で30,000円を元に両替ー。
2016111513

この日(2016年11月15日)のレートは1元=3.48円でした。
2016111514

両替が終わった後、宅急便カウンター隣の中華電信のカウンターへ。
2016111519

今回は台北滞在中もバリバリとスマートフォンを使うため、メインで使用しているXperia Z3は羽田空港でOFF。サブのSIMフリー機であるAscend Mate7を持って行っています。台湾行く前にfacebookで台湾の公衆無線LAN事情を聞いたところ、ほぼほぼ「止めておいたほうがいい」という結論だったので。
SIMはプリペイド型なので、カウンターで支払った金額以上に何か請求されることはありません。
価格は以下の通り。LTE 3days 通信容量制限なし!で300台湾ドル。やっすいですねー。通話も出来ますが、緊急時以外はする必要ないのでこれで十分。
パスポートとお金さえあれば、購入できます。
パスポート以外の写真付き証明書は必要ありませんでした。

2016111516
ここらへんのサービス品質、日本も見習って欲しいですね。

カウンターのお兄さんに、スマートフォンを渡してSIMを挿入してもらいます。さすが手慣れたもんです。
2016111515

なお、このSIM挿入はカウンターの完全ボランティアなので、やってくれなくても怒らないことw
SIM挿入後、プリセットされたAPNが追加されインターネットに接続できるようになります。
2016111517

こういった感じで、使用期限を書いてくれます。11/18 23:59まで。

さて、これで準備が整ったので、MRTに乗っていざ台北車站駅へ。
2016111520

去年購入した悠遊カードにチャージしておくのを忘れずに。
2016111521

2016111522

台北は駅の中きれいですねー。
2016111523

文湖線に乗って、松山機場から忠孝復興まで乗って、
2016111525
板南線に乗り換え、台北車站で下車します。
2016111524

今回宿泊するシーザーパーク・タイペイ(凱撒大飯店)は、台北車站のM6出口直結というメリットがあります。地上に出る必要がないんです。M6出口の階段途中で右に曲がると、シーザーモールという飲食店・おみやげ店があります。
そこを進むと、ホテルのエレベーターがあるのでそこからホテル内に入れるというわけです。
2016111527

こちらの楽天のサイトも詳しい。
http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/28233/CUSTOM/GW28233101104103338.html