2013箱根旅行一日目その1(新宿から大涌谷)

2013箱根, 旅行記TJK箱根の森, かっ平寿司, 大涌谷, 箱根

11月13日から二泊三日で箱根に行って来ました!

箱根はこの時期、紅葉シーズン。

俺達は結婚してから何回か箱根に行ってるんですが、11月に行ったのは今回初。

ということでいってみましょう。

平日なのに箱根大人気

朝10時に新宿に到着してロマンスカーでいざ箱根へ。

本当は北千住からMSE(青いロマンスカー)に乗ったほうが楽なんですが

日程やら時間やらの都合で、VSEにしました。

VSEはコイツです。美しいフォルムは今も大人気。

2013hakone1

さ、乗りましょ。

中はこんな感じ。

最前列は残念ながらとれませんでしたが、パノラマ席の一番後ろをゲット。

駅の向こうからもバシャバシャ 写真とってますな
駅の向こうからもバシャバシャ
写真とってますな

駅弁はこちら。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

崎陽軒の炒飯弁当と 鯵の押し鮨 お茶は地元で安くゲット
崎陽軒の炒飯弁当と
鯵の押し鮨
お茶は地元で安くゲット

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

炒飯弁当なので炒飯が主役 です。 シューマイも気持ち程度。
炒飯弁当なので炒飯が主役
です。
シューマイも気持ち程度。

[/wc_column][/wc_row]

ロマンスカーが動き出してしばらくしてお弁当を食べちゃいます。

そうしないと、着いちゃうからね。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

こっちが押鮨。  8個も入ってて満足度高し!
こっちが押鮨。
8個も入ってて満足度高し!

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

チョコ、以前はなかったような
チョコ、以前はなかったような

[/wc_column][/wc_row]

デザートも当然のように買いますw

中はこちら。

なかなか濃厚な北海道産
なかなか濃厚な北海道産

11時30分には箱根に到着しちゃうので、あまり悠長にしてられないんです。

と書いているうちに、箱根湯本に到着。

強羅へ向かいます
強羅へ向かいます

箱根湯本で降りてびっくり!

強羅に行くお客さんがわんさかいるんです。

駅から溢れんばかり・・・。

登山電車に乗り換えるんですが、満席・・・。

夏に来たときはそんなにいなかったんだけどなー。

ここで強羅まで行かずに、途中にある「彫刻の森」駅で下車します。

宿がここにあるのです。

彫刻の森駅から ちょっと歩いたところにある TJK箱根の森 (会員制です)
彫刻の森駅から
ちょっと歩いたところにある
TJK箱根の森
(会員制です)

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

TJK会員じゃないと宿泊 出来ないだけあって、 お得で豪華な宿泊施設
TJK会員じゃないと宿泊
出来ないだけあって、
お得で豪華な宿泊施設

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

紅葉もいい感じに 色づいていました
紅葉もいい感じに
色づいていました

[/wc_column][/wc_row]

中に入ると、もうクリスマスツリーの飾り付けがしてありました。早いなぁ

飾り付けを自分たちで できるんです
飾り付けを自分たちで
できるんです

チェックインは15時からじゃないと出来ないので、

荷物をロッカーに入れて再び出発。

一度は食べてほしい「かっ平寿司」の絶品いなりずし

「TJK箱根の森」は「彫刻の森」駅からちょっと歩きます。

側には、「箱根彫刻の森美術館」と箱根登山鉄道が走っています。

もちろん、今の時期なのでススキもあります。

右に見えるのは 「彫刻の森美術館」
右に見えるのは
「彫刻の森美術館」
こんないい写真もラックラク
こんないい写真もラックラク

この通り、「TJK箱根の森」に行く人以外は通りませんので、夜はかなり怖いです。

女性だけで通る場合、それが唯一の難点かなぁ。

宿から10分ちょっとで駅につきます。

ここでちょっと寄り道。

駅の直ぐ側は三叉路になっているんですが、坂のところに名店あり。

テレビでも取り上げられた、おいしいいなりずしのお店があります。

超絶うまいいなりずしの店
超絶うまいいなりずしの店

「かっ平寿司」

つい最近だと、もしツアにも取り上げられたようです。

大涌谷で食べるために、ここでいなりずしを頼んでみました。

お店の至宝、特製いなりずし
お店の至宝、特製いなりずし

ここは駅から近いですから、来やすいですね。

箱根に宿泊する場合は、たいてい「TJK箱根の森」だから、ここに寄るのはmustだな。

お店から駅を撮影。  左に見えるのが「彫刻の森駅」
お店から駅を撮影。
左に見えるのが「彫刻の森駅」

大涌谷改修中

登山鉄道に乗って強羅へ。

ここでもまたお客さんがたくさん乗っていました・・・。

んで、このお客がほとんどケーブルカーに乗ることになります。

ここに映っているのは ほんの一部です。 実際は溢れんばかり の人・人・人!
ここに映っているのは
ほんの一部です。
実際は溢れんばかり
の人・人・人!

これまで夏にずっと箱根に来ていたんですが、箱根の観光ピークは

秋のようで、ほんとに人がたくさん。

強羅駅へ向かう登山電車は平日の山手線よろしく、乗車率100%超。

強羅駅からは史跡めぐりバスがたくさん走っていますし、強羅駅にも

観光名所がたくさんあるので、乗客全員ケーブルカーに乗るわけでは

ありませんが、乗客がケーブルカーに一回で乗り切れないほどたくさんいます。

駅の外まで並ばなきゃいけないなんて、夏にはありえません。

本当は、強羅名物のカツサンドも買いたかったのですが、今回の旅

ではスルーせざるをえませんでした。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

ケーブルカーの車窓から
ケーブルカーの車窓から

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

早雲山駅に到着 ここからロープウェイ
早雲山駅に到着
ここからロープウェイ

[/wc_column][/wc_row]

ロープウェイ乗り場は 夏と同じくらいの人
ロープウェイ乗り場は
夏と同じくらいの人

ロープウェイは、18人乗り。

なので、ギュウギュウってことはなかったですね。

最前列をゲットです。

いざ、大涌谷へ。

紅葉は7割くらいってところ
紅葉は7割くらいってところ
硫化水素の匂いがすごいです
硫化水素の匂いがすごいです

大涌谷、なんだか3年前に来た時よりも噴煙が多い気がしますw

けど、相変わらずの大涌谷ですね。

硫化水素のいいにおい?がロープウェイに乗っていてもわかります。

大涌谷はこのとおり人だらけ
大涌谷はこのとおり人だらけ
黒玉子を売っている小屋も 人がいっぱい
黒玉子を売っている小屋も
人がいっぱい

ツアー客がいっぱいいる中、卵をゲットしいただくことにします。

これひとつで寿命が7年増えます
これひとつで寿命が7年増えます

黒たまご、知らない方もいるようですので書くと・・・

生卵をこの大涌谷の80度の温泉池で60分ほどじっくりと玉子を茹でると、

卵の殻に温泉の成分の一つ、鉄分が付着するわけです。

この鉄分に、硫化水素が化学反応を起こして、硫化鉄となり、黒くなる。

これで黒い殻のゆで卵ができるというわけ。

これを15分ほど蒸らせば、ハイ出来上がりと・・・。

黒たまご制作現場 結構、危険と隣り合わせ 落ちたら3度の大やけど
黒たまご制作現場
結構、危険と隣り合わせ
落ちたら3度の大やけど

この黒たまご、ここでしか手に入りませんから大人気。

下の売店や、箱根湯本でも売っています。

秋の大涌谷 いい感じに撮れました
秋の大涌谷
いい感じに撮れました

大涌谷は、色々工事中でして一年かけて新駅舎が完成したのが今年の春。

それに加えて、山道整備や観光センターの新設などが急ピッチで進んでいます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

このように、新しい木道を 敷設中
このように、新しい木道を
敷設中

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

新しい観光センターも建設中
新しい観光センターも建設中

[/wc_column][/wc_row]

さ、黒たまごを食べて下に降りてきました。

いよいよ、「かっ平寿司」のいなりずしをいただくことにします。

6個入りで540円也
6個入りで540円也

一口食べると、いなりに染み込んだ割り下がジュワッと口の中いっぱいに

広がります。そして、ご飯もジュワッとタレが適度に染みておいしい。

ごまもまぶしてあるようです。

そして、時折シャクッシャクッとなる歯ざわりの正体は・・なんと蓮根。

蓮根の薄切りがご飯といなりの間に仕込んであって、歯ざわりでも楽しむ

事ができます。

これねー、今まで食ってきたいなりずしの中で本当に一番うまい!

ぜひ、みんな食べてみるべきです。

冠婚葬祭などで食べるあのいなりずしなんて、これに比べたら寿司じゃないね。

いや、もうあんなの食えないって感じ・・・。

お店も全力で宣伝している通り、このいなりずしは30年来の特製割り下で

煮込んだいなりと、山形県産の無農薬米(あきたこまちっぽい気がする)を

自然回帰水で丁寧に炊いているという極上の逸品。

一番下にお店の情報を出しておきますので、ぜひチェックしましょう。

長くなったので、その2に続きます。

[table id=29 /]