2015台湾旅行三日目 九ふんと夜市で夜も満喫

2015台湾, 旅行記九份, 雪在焼(シュエツァイホウ), 饒河街観光夜市

どもども。@stargryps です。

三日目、西門町から歩いて帰ってきて、さすがにこのまま九份の大混雑に

突入するのは危ないかもね、ということで足裏マッサージに行ってきました!

あまり探さなかった割にアタリなマッサージ

実は、ベトナム旅行の時と違って、今回はあまりマッサージ屋さん期待してませんでした。

円安であまりお得感がないということと、アタリなところは痛気持ちいいんですが、

ハズレな マッサージはただ触っているだけ、というのがあるから。

とはいえ、さすがにこう連日動きまくっているので、この辺りで行こうと思っていました。

で、今回行ったのがこちら。

足満足 という直球な店名
足満足 という直球な店名

場所は華華大飯店の目と鼻の先です。

この「足満足」さん、元々は西門町にあったんですが、

大人気すぎて台北にも支店を作ったそうです。

それがここ。入り口には常に日本語を話せるスタッフがいますので、呼び込みも盛んです。

俺達も探そうかな・・・と思って歩いた矢先に捕まりましたw

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

価格表は細かいですね。
価格表は細かいですね。

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

写真リアルすぎっ!
写真リアルすぎっ!

[/wc_column][/wc_row]

この時は値下げ期間中でして、赤い金額がそれです。

俺たち全員、足裏+ 半身マッサージ+足湯で50分のコースにしてもらいました。

マッサージ中の写真とかは撮っていないんですが、一言

痛過ぎもせず、さわってるだけでもなく、丁寧親切で素晴らしいところでした。

即ち、超アタリでしたよ(笑)

このあと、16時過ぎにホテル前でバスにピックアップしてもらい、九份へ。

九份(九ふん)は身軽な格好+傘持参がマスト

バスで約1時間くらい。 九份は、新北市にある場所で金鉱が見つかるまでは一寒村でしたが、

ゴールドラッシュで隆盛し、金が掘り尽くされたら瞬く間に衰退、

映画「悲情城市」で再び盛り上がり今に至る、というジェットコースター

のような町です。

日本統治時代の町並みが残ってますが、九份全域をほぼカバーする

無線アクセスポイントが整備されていたり、ネット商店があったりと

結構デジタル化も進んでいます。 一年で360日ほど(つまりほぼ年中)

九份のガイドをしている方の話では、九份は雨がふらない日は殆どない

らしいですが、実はこの日は雨が降っていませんでしたヽ(`▽´)/

なので、この混みっぷり
なので、この混みっぷり

傘さしていたり、カッパ来てたりすると混雑具合が5割増しになりますが、

晴れていたので人がワンサカ。いや、別にそうじゃなくても人多いけど。

日本人、中国人、朝鮮人、欧州等々、色んな所の人種がいましたね。

もはや人がいない状態の写真は撮れません
もはや人がいない状態の写真は撮れません

とはいえ、展望台は真っ暗すぎてそんなに人はいないです。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

高台から下の町並みを望む
高台から下の町並みを望む

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

画面右上は海です。
画面右上は海です。

[/wc_column][/wc_row]

多分、反対側見れば八重山諸島もうっすら見えたかもしれませんね。 場所的にここです。

では、ここでどんだけ混雑していたかということを写真でおさらい。

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

20150118-day3 (140)

[/wc_column][wc_column size=”one-third”]

20150118-day3 (153)

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

20150118-day3 (156)

[/wc_column][/wc_row]

映画「悲情城市」の舞台はこちらになります。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

でかでかと看板あり
でかでかと看板あり

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

右の建物が使われたそうです。
右の建物が使われたそうです。

[/wc_column][/wc_row]

(U^ω^)ここにもたくさん
(U^ω^)ここにもたくさん

この九份、階段はありますが、そんなに広くないところです。

全体図
全体図

昼間だったら、いい運動になるかもしれませんね。

このあと、バスで台北市まで戻り、今回の旅のラスト「饒河街夜市」へ。

饒河街夜市(らおほーじぇよいち)で胡椒餅ゲット

バスで40分ほど。台湾に観光に来る人の9割が夜市目当てだそうですガイドさん曰く。

夜市といえば、最大の士林夜市を思い浮かべる人が多いですが、士林夜市がシャレに

ならないほどでっかいので、最近はこの饒河街夜市(らおほーじぇよいち)に来る人も

多いようです。士林夜市が完全に観光客向けの夜市なのに対し、饒河街夜市は現地台湾の

人向けとのこと。

道自体も饒河街夜市は一本道なので、迷うことはありません。最悪、途中ではぐれたら

まっすぐ歩けば入口か出口に着きます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

士林夜市よりも小さいとはいえ・・・
士林夜市よりも小さいとはいえ・・・

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

この人・人・人
この人・人・人

[/wc_column][/wc_row]

ぶっちゃけ、人が多すぎて九份よりもスリに遭遇する確率は高いそうです。

あとは臭豆腐の強烈な匂いが・・・。あ、ちなみに九份も臭豆腐の匂い強烈です。

場所によりますが・・・。

ここでは時間があまりなかったので、トモ達を後ろに残しつつ、あるお店へ向けて一直線。

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

この人だかりを押しのけるの大変
この人だかりを押しのけるの大変

[/wc_column][wc_column size=”one-third”]

これも食いたかったけど
これも食いたかったけど

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

一つ目がここ!雪在焼(シュエツァイホウ)
一つ目がここ!雪在焼(シュエツァイホウ)

[/wc_column][/wc_row]

まず一軒目。雪在焼(シュエツァイホウ)です。

実はここ、とある理由で大人気。それはこちら。

台湾でセクシーなアイスクリーム屋台の女性が話題に 胸元ぱっかーん!(動画) | ゴゴ通信(GoGo通信)

動画がこちら。

実はあとでこれ思い出したんですけどね。

この時はぜんぜん違う人でした。

オーダー受けるとソッコー作り始めます
オーダー受けるとソッコー作り始めます

これ、右にある板みたいなものは、ナッツを固めたもののようで

これをガシガシ巨大カンナで削ってアイスの上にふりかけます。

できあがったものがこちら
できあがったものがこちら

食感はひやっ!のあとにもちっ!としておいしい。

このアイス餅おいしいなぁ。

そして、餅つながりでこちらも!

実は本命じゃなかった店
実は本命じゃなかった店

本当は、福州世祖の胡椒餅を食べたかったんですが

超並んでまして無理でした。で、他に空いてそうなお店・・・と

探していて見つけたのがこちら。

値段は確か、@50NT$だったはず。

肉、ネギなどがたっぷり。
肉、ネギなどがたっぷり。

他の胡椒餅を食べてないので比較できないですが、胡椒がぴりっと効いて

肉の味もしっかり。なるほど、確かに人気あるはずです。

他にも色々食べたかったなぁ。

[wc_row][wc_column size=”one-third” position=”first”]

だがこれは無理だw
だがこれは無理だw

[/wc_column][wc_column size=”one-third”]

これもうまそう!
これもうまそう!

[/wc_column][wc_column size=”one-third” position=”last”]

夏場はここで食うのは地獄だな
夏場はここで食うのは地獄だな

[/wc_column][/wc_row]

台北の夏は炎天下だそうで、臭豆腐の匂いとあいまって修羅場になりそう・・・。

マンゴーかき氷は食べたいけど、やっぱり台湾は冬に来るべきですな。

そんなこんなで夜市も終了。バスでホテルに戻ります。

そして帰国です

翌朝は桃園国際空港に向かう途中に免税店に寄ったくらい。

そういえば、桃園国際空港のエスカレーターですが・・・

段がないので気を抜けない
段がないので気を抜けない

日本のエスカレーターと違い、段がない=気を抜くと巨大トランクが

降ってきます(^^ゞ

気をつけましょうね。

んで、予定通り日本に帰国しました。

ちょっと慌ただしかったので、次回はもっと予定を調整して行きたいと思います!